水素パンダマンが教える水素水の効果を徹底解説|初心者の方歓迎

当サイトにお越しありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは、笹の葉より水素が好きな水素パンダマンです。
当サイトでは、水素に関して素人だったパンダマンが水素を書籍やWEB情報、実際に水素水を購入して調べてみました。

 

素人パンダだった私も一流の知識はないけど、二流ぐらいまでにはなれたと思い水素パンダマンとして水素の情報を紹介しています。
いつの日か一流の水素パンダマンになれるように頑張ります♪

 

水素パンダマンの事を知りたい方は詳しくは運営者情報に乗せているので見てください!

 

運営者情報はこちら

 


水素水の効果と効能についての水素パンダマンの考え

 

2015年から水素が話題になり当サイトでも紹介している水素関連の商品も売れています。

 

しかし、注目が集まり過ぎたために劣悪な商品まで出てきたり、インターネットビジネス(ねずみ講)を目的とした物まであります。
水素に関するイメージが非常に悪く疑ってしまうのも無理はありません。

 

それに加えて問題なのは、水素には効果・効能があるか否かです。

 

身分をしっかりと明かした書籍やWEB情報で見ると動物実験やヒトを対象にした実験まであります。
それなりの結果が出ているため水素には何らかの効果があると思っています。

 

でも、私達が手に入れる事が出来る水素商品に関しては、「薬機法(旧薬事法)・健康増進法」により口が裂けてもこの水素商品には効果・効能があります!なんて事は言えません。つまり、効果なしと判断されても仕方がありません。

 

こういった背景があるので、水素パンダマンが運営するサイトでは水素の一般的な効果・効能についてしか言及しません。
商品に関しての効果・効能ではないので勘違いはしないでください。

 

 

水素について何も知らない人は、このページで十分水素について知る事が出来ます!

一般的な水素の働きと特徴とは?

 

水素水を初めて知った方という人もいると思います。
水素水初心者のために、簡単に水素がわかるように画像を用いて説明しています。

 

水素ってそんな働きがあったから、注目されて研究されているんだという事が分かると思います。


水素が悪玉活性酸素を除去する 

活性酸素という言葉は聞いた事があるでしょうか?

 

活性酸素には、体の免疫力を保つにために必要な善玉活性酸素と酸化力が強く体に害がある悪玉活性酸素の2種類があります。

 

 

悪玉活性酸素はその強い酸化力で、体の細胞やDNAを酸化させて老化させ、美容成分であるコラーゲンやエラスチンも破壊します。

 

私達が美容や健康で悩ませている根本的な原因はこの悪玉活性酸素によるものです。

 

ここで活躍するのが水素で、水素には悪玉活性酸素を除去する抗酸化力を持っています。
つまり、悪玉活性酸素と反応して体から除去することが出来るんです。

 

 

他の抗酸化作用をもつ成分は善玉活性酸素とも反応してしまうのでですが、水素は体に必要な善玉活性酸素とは反応せずに悪玉活性酸素とのみ反応するから水素が注目されているんです。

宇宙一小さい分子で拡散性がる

 

水素は宇宙一小さい分子で拡散性があり、拡散性とは常に動き回っているような状態です。
水素の特徴でありメリットでありデメリットでもあります。

 

上の図を見てもらうと分かると思いますが、水素は本当に小さい分子で拡散性があるので、体全体に行き渡る事ができて、脳にまで侵入出来増す。

 

メリットではありますが、体からも出ていきやすい分子でもあるのできっちり体内で吸収されるかは水素濃度によります。

水素は体に害がなく副作用もない

水素の副作用については、現段階では報告されていません。
水素水を飲んで調子が悪くなった方もいるみたいですが、基本的には水素に害はありません。

 

水素についての不調ではなくその商品に問題があるのではないかなと思います。

 

また、ビタミンなどの抗酸化物質は、酸化物と反応した後に自らが酸化物になる場合もありますが、水素は反応した後は水になって体外に出ていきます。
なので、水素は安全性が高いと言われています。

水素水を選ぶときの重要な3つのポイント

 

水素水の商品を購入するときは、本当に気を付けなければなりません。

 

水素が含まれていない商品や極端に水素濃度が低い商品があるからです。

 

水素濃度が表記されていない商品や水素が抜けやすいパッケージ、水素水と思わせる商品名には注意が必要なんです。


水素濃度が0.8ppm以上

水素水を飲むときに一番重要と言ってもいいのが水素濃度で、1つの基準として0.8ppm以上の物を推奨しています。

 

それ以下だと水素水を飲む意味もかなり薄れていくと考えられています。

むしろ、今では、1.6ppm以上が普通であり最も高いのが7.0ppmもあります。

 

あえて、水素濃度が0.8ppm以下の物を飲む必要もないでしょう。
当サイトでは、水素濃度が1.6ppm以上の商品を推奨しています。

水素が抜けないパッケージか?

水素はめちゃくちゃ小さい分子がメリットでもあるのですが、デメリットでもあります。
水素がどうしても抜けてしまいます。

 

特に、缶やペットボトルで販売されている水素水はちょっと危険です。

 

そのため、特殊な方法で作られているアルミパウチがおすすめです。
ただ、水素水生成器で作るタイプのペットボトルは、作ってから2〜3日であれば極端に水素濃度が下がる事はありません。

 

1日であれば何も問題はないので過度に心配する必要はありません。

類似品には注意

水素水の商品と思わせるような商品にも注意が必要です。
例えば、アルカリイオン水や電解水は水素水の商品ではありません。

 

アルカリイオン水は、確かに水素が含まれていますが水素が目的ではないので水素濃度が低いものがほとんどですし、そもそも、アルカリ性の水を飲む事が目的です。

 

だから、名前に惑わされずに水素濃度がしっかり明記された物を選びましょう。

水素生活を始めたい方はこちら

 

水素水の商品がいっぱいあり、どれを飲んだらいいのか?

 

また、水素水だけでなく水素水サーバーや水素サプリメント、水素風呂など水素に関連する商品が多くなりました。

 

そのためそれぞれの商品の利点について紹介していきます。
これなら私でも続けられそうという物を選んだり、中には水素付けで全部使っている強者のもいます(笑)


水素水・水素水サーバーで毎日水素水を飲む

水素を摂取する上での定番が水素水です。
水素水の1本の相場230円〜300円といったところでしょうか、1日1本飲むなら月額7,000円の出費になります。

 

水素水には、色々なタイプがあって、既に出来上がっているアルミパウチ型の水素水や水素水を作る水素水生成器があります。

 


 


 

長期的に水素水を飲むつもりであるなら水素水サーバーを購入した方が飲み放題ですし、家族みんなで飲む事が出来ます。
そういった意味でも長期的に見てもコスパがいいでしょう。

 

水素水サーバーは高いですが、レンタルもあるので検討する余地があります。

体内で発生する水素サプリメントは手軽

水素サプリは、体内の水分と反応して水素を発生させるタイプです。
体内から水素を得られて、3時間〜8時間とかなりの長時間水素を発生させます。

 

水素には副交感神経を優位にする働きがあってリラックス状態になるためか、水素サプリを飲むと眠気を感じる人が多いです。
睡眠前に水素サプリを飲んでみるのはありかなと思います。

 


 

水素サプリ同様に水素濃度を意識した選び方が重要だと思います。

外部から水素を吸収する水素風呂

水素風呂は、外側から水素を吸収する事が出来ます。
水素パンダマンは、この水素風呂が一番水素のチカラを感じました。

 

水素風呂を使うと温度が高くなるので、体の芯から体が温まります。
お風呂上りも汗をかいて、1時間ぐらいはずっとポカポカする感じがしました。

 

また、血流や発汗量とも増えているデータもあるので、冷え性で悩んでいる人は良いかもしれません。

 


 

水素風呂だけでなく今では水素入浴剤があるので安価で水素風呂に入る事が出来るようになっています。

 

水素パンダマンが選んだNo.1水素水はこれ

 

「どれを選んでいいのか分からない!」という人は、この水素パンダマンの一押し商品を紹介します。

 

この水素水最高濃度7.0ppmと異常に高いです!
水素水を飲んで効果を実感するためには高濃度の水素を摂取する必要があるんです。


ここでは、たくさんある水素水の中でどれを選んだらいいのか?
選ぶ基準は分かったけど中々選べずに困っている。

 

そんな人のために、最高濃度7.0ppmでコスパにも優れている商品を選びました。
当サイトで一押しのセブンウォーターです。

 

作るのも簡単なので水素パンダマンはこれをおすすめしています。
私も使っているので、もっと詳しく知りたい方は↓をクリックしてね。

 

私のセブンウォーターのレビューに飛びます!

 


水素パンダマンが自身を持ってあなたに紹介しています。
もちろん、特になにか責任をとるつもりは一切ありません。(笑)

 

自己責任でお願いします!
笹の葉よりも水素が好きな水素パンダマンより!

当サイトの人気ページTOP10です♪

▼高濃度水素水ランキングはこちら▼


 

ネットのみの水素水だけでなく市販で販売さされている水素水も購入して飲んでみました!

 

水素濃度や飲み比べてしたりしました。
正直、飲みにくい物もあって飲めないのもありました。

 

それでも、色々な水素水を飲んでみてこれだったらお勧め出来るという商品を紹介しています。