水素水の水素含有量が決めで濃度が0.8ppm以下は意味がない

水素水の水素含有量が決めで濃度が0.8ppm以下は意味がない

水素水濃度がが決め手になる

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

水素水を購入するときは、水素濃度が非常に重要なんですよ。

 

0.8ppm以下の水素水はお勧めできません。

 

それなら飲まなくてもいいです。


水素の含有量が重要

水素水を選ぶときは、水素の含有量が非常に重要になってきます。
水素濃度が0.8ppm以下の水素水は正直、ダメだと思います。

 

水素水に明確な定義がないため、水素濃度が低くい物でも水素水として販売が出来ます。

 

水素水を購入するときの基準は、0.8ppm以上と言われています。
でも、当サイトでは、1.6ppm以上の水素濃度を推奨しています。

 

理由は、簡単で水素水は水素濃度が高ければ高いほどいいわけです。
それに、今水素水を販売している会社が多く、水素濃度が1.6ppmが普通になっています。

 

値段も変わらないのでそれなら水素濃度が高い物を購入したお得なわけです。

 

だから、水素パンダマンは水素濃度が1.6ppm以上を推奨しているんです。

 

0.8ppm以下の水素水は飲んでも仕方がない?

水素濃度が0.8ppm以下の水素水は、ダメと言いました。

 

それでも、水素濃度が0.8ppm以下の商品nを飲みたいのであれば飲めばいいです。
0.8ppmであっても水素自体は入るのでいいかなと思います。

 

ただ、すでに高濃度水素水が当たり前になっている状況ですので、意味がないという事です。

 


</body>