水素パンダマンが教える失敗しない水素水の3つの選び方特集!

水素パンダマンが教える失敗しない水素水の3つの選び方特集!

水素水を購入するときは注意が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

水素パンダマンが水素水の選び方をレクチャーします。

 

適当に水素水を買ってしまうと損してしまう事があります。

 

損しないために3つのポイントがあってそれを参考に購入するのがおすすめです。


失敗しないための水素水の3つの選び方

水素水を購入するときは、適当に購入してはいけません。
安いからとかで購入してしまうと水素水ではない商品を購入してしまう可能性があります。

 

また、せっかく水素水を飲んでいるのに効果を実感しにくい物をずっと飲んでいる事にもなりかねません。

 

水素水を購入するときは、本当に気を付けないと気づかないでどんどん損してしまう可能性があるんです。

 

水素濃度が高い物を選ぶ

水素水を購入するときに、一番大切といってもいいのが水素濃度です。
この水素濃度が高いか低いかによって水素を摂取している意味が変わってきます。

 

そうならないためには、いわゆる高濃度水素水を選ぶべきなんです。
一般的には、水素濃度が0.8ppm以上の物を選ぶべきだと言われています。

 

しかし、当サイトでは水素濃度が1.6ppm以上の物を推奨しています。

 

今では、水素水の商品が多くなり水素濃度が高い商品でも出てきています。

 

それなのに、わざわざ水素濃度0.8ppmを飲む必要がないと思いますし、値段も変わらないので水素濃度1.6ppm以上をおすすめしているわけです。

 

水素が抜けないパッケージか?

水素は宇宙一小さい分子のため普通の容器では水素が抜けてしまうんです。
各企業が水素が抜けないように特殊な技術で抜けないよにしています。

 

水素が抜けない容器の代表がアルミパウチです。
ペットボトルや缶では水素が抜けるので、水素水の容器にはあまりふさわしくありません。

 

ただ、水素水生成器の場合は、ペットボトルでも大丈夫です。
水素が抜けるといっても1日で全部抜けるという事はなく数日は水素濃度が保たれます。

 

既に出来上がった水素水を購入するならアルミパウチ型の物にしましょう。

 

信頼出来るメーカーが最重要

水素水に限らずどんあ商品にも言える事ですが、信頼できるメーカーの物を購入する事が大切です。

 

記載されている情報と中身が違う事がそんなに珍しい事でもなくなったように感じます。

 

水素水を販売しているメーカーをあまり知らないと思いますが、伊藤園でも水素水を販売していたり、昔から水素水を販売している会社もあります。

 

信頼出来るメーカーが分からなかったら当サイトの情報を参考にしてみてください。

 


</body>