【持ち運び可能】いつでも水素水が飲める容器とボトルが便利

【持ち運び可能】いつでも水素水が飲める容器とボトルが便利

持ち運びに便利な水素水とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは、水素水を徹底的に調べている水素パンダマンです。
昔から水素水はあって水素が抜けてしまうので持ち運ぶ事は出来ないと言われていました。

 

ですが、技術や商品も増えて外出先でも水素水が飲めるようになりました。

 

水素パンダマンが持ち運び可能な水素水を3つのタイプを紹介します♪


水素水を持ち運ぶ事が出来る!


水筒やタンブラーに水素は入れてはダメ

水素水は、水素が抜けてしまうため外で飲む事ができないと言われていました。今では水素が抜けない容器・ボトルやその場で水素水を作る事が出来る水素水生成器があります。

 

ただ、水素水を水筒やタンブラーに入れて持ち運ぶと水素が抜けて水になってしまうのでダメです。自宅に水素水サーバーがあって持ち運ぶときは、専用の物を購入した方がいいです。

 

水素は、宇宙一小さい分子なので、ちょっとの隙間でも水素がどんどん抜けてしまいます。水素水を持ち運ぶには3つのタイプがあってそれ以外と持ち運ぶのが難しいのが現状です。

 

それでも、以前よりも改善されていて外出先でも飲めるように工夫している商品が多くなっている印象です。

 

美容や健康を意識している人なら常に水素水を飲みたい人も多いと思います。そういう人は、しっかりと水素が抜けないタイプの水素水を持ち運ぶのが条件になります。

水素水を持ち運べる3つのタイプ

水素水を外出先でも飲めるタイプは3つあっていずれもコンパクトなので持ち運びが便利です。

 

1日飲む水素水の量は決まっていませんが1日300ml〜500ml程度がいいのでバックに簡単に入ると思います。

 

では、どのタイプが水素水を持ち運ぶ事ができるのでしょうか?

 

  • アルミパウチ型の商品をそのまま持ち運ぶ
  • ペットボトル型の水素水生成器
  • 小型の水素水生成器を使う

 

いずれの方法もメリットとデメリットがあってあなたの用途に合わせて使うと良いと思います。

 

水素水ではなく水素サプリを飲む方法もありますが、水素水を飲むのが一番いいのではないかと思いますし、水素サプリはまだ完璧には分かっていないのが現状です。

アルミパウチ型の水素水を持ち運ぶ場合


アルミパウチ型の持ち運びのメリットとデメリット

 

アルミパウチ型の持ち運びのメリット

アルミパウチ型の水素水は、特殊なパウチを使用しているので水素が抜ける心配がありません。サイズもコンパクトでバックに簡単に入ります。

 

全身がアルミパウチ型の水素水と口元がキャップ上の水素水の2種類があります。全身アルミパウチ型は、水素濃度が非常に高く保てるのがメリットですが、持ち運び先で飲むのには不便です。

 

口元にキャップが付ている物がお勧めです。

 

水素水生成器みたいに作る時間も不要で出来上がった物なので手軽に持ち運びができます。長期的にみれば、めんどくささがなくてとてもいいと思います。

 

アルミパウチ型の持ち運びのデメリット

アルミパウチ型のデメリットは、おしゃれ感が全くない事です。

 

また、水素水を飲んでいる事がバレるので、なんだか恥ずかしいと思う人もいます。
周りの目の気にしている人は、アルミパウチ型はあまりお勧めできないかもしれません。

 

もっと、おしゃれな物や普通の容器で飲みたい人には不便かもしれません。

お勧めのアルミパウチ型の水素水

 

 

 

 

水素水の持ち運びが可能になりました!

水素水は、水素が抜けてしまうため外で飲む事ができないと言われていました。
しかし、今では水素が抜けない容器・ボトルやその場で水素水を作る事が出来る水素水生成器があります。

 

そのため、外出先でも新鮮な水素水を飲む事ができるようになりました。

 

アルミパウチのような水素水は、一度空けてしまうと飲み干さなければただの水になってしまうため空けた瞬間から1時間以内に飲まにといけませんでした。

 

水素水を持ち運ぶタイプには、2種類あって「ペットボトルで持ち運ぶタイプ」と「水素生成器をそのまま持ち運ぶタイプ」です。

 

どちらが優れているという事はありませんが、バックに入れて持ち運びやすいのはペットボトルのタイプです。

ペットボトルで持ち運ぶタイプ

ペットボトルで持ち運ぶタイプは、ペットボトルに水入れて水素発生剤を入れるだけです。
かなり簡単で前日から準備しておくことで、高濃度の水素水を作る事が出来ます。

 

一般的にペットボトルは水素が抜けるから駄目と言われていますが、普通のペットボトルではなく特殊な物を使っています。
また、2日〜3日であれば水素が急に全部抜けてしまう事はないですし、1日であれば十分に水素水を飲む事が出来ます。

 

バックにコンパクトに入りやすいですし、人の目を気にせずに水素水を飲めるのが良いと思います。

 

水素水生成器を持ち運ぶ

水素水生成器を持ち運ぶタイプは、水素水生成器の容器がそのまま持ち運べます。
ただ、思ったよりも容器が大きいので、バックに入れるとかさばる物もあります。

 

購入するときは、大きさを考えてから購入する事が大切です。
購入してからバックに入らない!という事がないようにしましょう。

 

ペットボトルとは違って容器が可愛いデザインの物が多くそれを気に入って購入している人も多いようです。

 

どちらのタイプを選ぶべきなのか?

どちらを選ぶかは難しいですし、どちらが良いという事はないと思います。

 

ただ、当サイトとしては、ペットボトルで作る水素水は最高水素濃度が7.0ppmと非常に高く持ち運びに便利なためペットボトルの方を推奨しています。

 

しかし、長期的な金銭面でみると、ペットボトルのタイプは月々5千円程度かかりますが、水素水生成器の容器タイプは、買い切りで商品にもよりますが、5万円程度になるので長期的に見ると安くなります。

 

だから、自分の中で優先順位を考えて購入する事が大切です。

 

 


</body>