【持ち歩きO.K】携帯型水素水生成器ボトル売れ筋ランキング高濃度特集

【持ち歩きO.K】携帯型水素水生成器ボトル売れ筋ランキング高濃度特集

持ち運びが出来る水素水生成器が人気

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

最近では水素水を持ち運ぶが普通になっています!

 

食事と一緒に水素水を取る人や運動後に摂る人もいます。

 

水素水を飲む機会は意外と多くて常備して飲むのがいいんです!


持ち運びが便利でいつでも水素水が飲める

「水素水を外でも飲みたい!」という人が多いです。
普段から水素水を飲みたいけど、水素水を持ち運ぶのにちょっと抵抗がある人や、水素が抜けてしまうのが心配で、外に水素を持ち歩く事ができない人は多いと思います。

 

でも、友達に水素水を飲んでいる事がバレないし、昼食や普段の水分補給でも水素水を飲む事は出来ます。

 

出来る限り水素が抜けないように飲む事が出来るようなりました。

 

水素水サーバーで作られた水素水でもいいのですが、問題はその水素水を入れる容器です。
普通の容器や水筒だとどんどん水素が抜けてしまい「ただの水」になってしまう恐れがあります。

 

そのため、外で飲ん持っているような容器と水素生成器が一緒になったもの商品を紹介しています。

水素水生成器ランキングBEST5

当サイトの水素水生成器ランキングは、「持ち運びが便利」・「水素水を作るのが簡単」・「長期的なコスト」という3つ点に重点を置いてランキング形式で紹介しています。

 

第1位の商品が1番水素水の効果が出る!という事ではありません。
いずれの商品も、しっかり水素濃度が高く、きちんと計測された数値です。

 

なので、水素が抜けているただの水ではありません。

 

普段から水素水を飲みたいという人の要望を応えるために、紹介しています。

 

 

水素水は、水素生成器を使って自宅で作る事もできます。最高濃度が7.0ppmの高濃度水素水です。しかも、水素発生剤をいれるだけなので簡単で持ち運びも簡単です。

 

▼セブンウォーター 公式サイトはこちら▼


コース 料金 送料 容量
初回コース 5,600円 送料無料 水素発生剤30包
定期コース 5,400円 送料無料 水素発生剤30包

※解約はいつでもする事が出来ます

セブンウォーターは一月のコストが5,400円なので、そこまで経済的な負担をかける値段ではないと考えています。
水素水の定期購入になると、1万円以上もする場合が多いですが、半額ではじめらるのが良いです。

 

長期的なコスト面で見ると、水素水サーバーの方が安いですが、持ち運びという点では微妙な物もあるので、今回はセブンウォーターを総合的に見ても一番おすすめ出来ます。

セブンウォーターの総評

セブンウォーターは、ペットボトルのタイプです。
ペットボトルなので、持ち運びは非常に楽で、周りからも水素水なんて思われる事はありません。
ペットボトルは、水素が抜けやすいという事ですが、特殊なペットボトルを使っているため、水素が抜けにくいので安心が出来ます。

 

作るのも非常に簡単で、します。水素発生剤を入れるだけで水素水が完成
明日、学校や会社に持っていくなら前日に作って冷蔵庫に入れておくだけでO.Kです。

 

冷蔵庫に入れた方が水素濃度が高くなるので、前日から容易するのもいいですし、3日分くらい作り置きしても大丈夫です

第二位水素水タンブラーバンビです。水素水生成器の中でも人気の商品です。今まで、可愛いデザイン性の物がなかったのですが、バンビがそれを変えました!水素濃度も1..4ppmと高濃度も評価がでます。カラーも10種類あります!

▼水素水 Bambi 公式サイトはこちら▼

価格 送料 水素濃度 カラー
49,800円 送料無料 1.4ppm 10種類

※メーカーの2年保障があります。

水素水タンブラーBambiは、49,8900円も高額です。
中々、手が出しにくい値段です。
しかし、長期的に見ればそこまで高い値段ではありません。

 

メーカーの2年保障もあるので、2年の月単位でみれば、2075円の出費になります。
そのため、セブンウォーターよりも低コストで水素水を飲み続ける事ができますし、1日1本という事もなく、飲み放題とはいいませんが、たくさん飲む事が出来ます。

水素水タンブラーBambiの総評

水素水タンブラーを長く使い続けるためには、別途メンテンナスの必要は出てきます。
2年の保障期間が付いている以上は、2年では壊れないと思います。

 

しかし、3年も使うと水素を作るための電極の部位が消耗して上手く水素を作る事ができなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

また、デザイン性もよくて、持ち運びも出来る!カラーも10種類と豊富なので、好きな色があると思います。

携帯型の水素水生成器です。このままでも持ち運べます。水素水を作るのもボタン一つで出来るので非常に簡単に作る事が出来ます。会社やジムの後でも水素水を飲む事が出来ます。

▼H. bottle 公式サイトはこちら▼

価格 送料 水素濃度 時間
59,400円 送料無料 1.53ppm 3分

※メーカーの1年保障があります。

水素水生成器であるので、やっぱり高額で、59,400円になります。
バンビと同様に、長期的に見ればそこまで高い値段ではありません。

 

メーカー保証が1年であるため、バンビの方が2年保障なので、当サイトではバンビの方がおすすめです。
値段もバンビの方が安いですからね。

 

1年の月単位で見ると5000円になります。

水素水生成器 H.bottleの総評

バンビよりも優れているのが、水素濃度です。
後は、デザイン性であったり、なんかこっちがいい!といったような判断で大丈夫です。

 

ただ、当サイトでは、値段も含めて、バンビの方がメーカー保証が2年もあるので長期的に安心して購入する事が出来ると思います。

ぷら水素は、シリカが含まれているシリカ水素水です。水素濃度1.59ppmと高濃度の水素水です。値段も非常に低価格で始めやすいです。持ち運びも便利です。</p><p>

販売終了しました

コース 初回価格 定期価格 送料
1本コース 1,500円 3,950円 無料
2本コース 2,000円 6,450円 無料
3本コース 2,500円 8,950円 無料

※夏限定期間2016年8月31日まで

ぷら水素は、初回定期購入が非常に安いのが良いです。
2ヶ月の継続しばりはあるものの、そこまでコストで負担がかかりません。

 

ただ、初回と2回目の値段に差がでてきてたりするので、そのギャップがきついと感じてしまいます。
水素水を始めるのにはいいかもしれないですね。

ぷら水素の総評

水素水には、珍しいシリカが含まれている水素水です。
美容にはうれしいシリカが含まれていて、コラーゲンやエラスチンのつなげる働きがあるのでお勧めです。

 

ただ、水素水生成器を使い続けていくと水素濃度が落ちてくるのではないかと疑問です。
常に、綺麗な水素水を飲む事が出来ないなどの不満もあります。

 

持ち運びは、セブンウォーターなど同様に持ち歩きが出来て外出先でも手軽に飲めます。

※販売終了いたしました。

アキュエラ水素水は、よくセブンウォーターと比較される事が多いです。使いやすさを考えてもセブンウォーターの方が簡単に作る事が出来ます。ただ、信頼できるメーカーでブランド力もあります。

販売終了致しました。

コース 料金 送料 容量
初回限定 6,800円 送料無料 水素発生剤30包
定期コース 6,800円 送料無料 水素発生剤30包

※解約はいつでもする事が出来ます

アキュエラ水素水は、セブンウォーターと同様に持ち運びに便利なボトルタイプです。
そのため、アキュエラ水素水は人気なのですが、セブンウォーターの方が簡単に作れるので、セブンウォーターを使う人が多くなりました。

 

値段もセブンウォーターよりも高くなっているため、今回はセブンウォーターをおすすめしています。

アキュエラ水素の総評

アキュエラ水素水よりもセブンウォーターの方が当サイトではおすすめしています。
セブンウォーターは、水素発生剤を入れるだけなのに、アキュエラは、色々としなくてはいけません。

 

ただ、信頼できるメーカーだけに人気であるのは確かです。

※販売終了致しました。

水素生成器の仕組みとは?

水素水生成方法には、マグネシウム反応方式、電気分解があります。以前は、マグネシウムは良くないといわれてしましたが、そんな事はありません。しっかり、水素をきちんと作ってくれるので安心して飲む事が出来ます。電気分解は、電気分解する事で水素を発生させる方法で、水素サーバーに多いです。水素サーバーは非常に高いので手が出しづらいのが現状です。日割り計算するとすごい安いという説明もありますが、いきなり大金を払うわけですし、故障したら最悪です。だから、今回は自宅で出来る水素生成器を紹介します。まずは、マグネシウム反応方式を理解しましょう。
マグネシウム反応方式

 

 マグネシウム反応方式とは、マグネシウムと水の化学反応を利用したものです。水にマグネシウムを反応すると、水素と水酸化マグネシウムを作る。

2H2O + Mg = Mg(OH)2 + H2

という化学式です。こういった反応式があるから水素水が作れるわけです。
以前のマグネシウム反応方式だと、水温や環境に左右されやすくて上手く水素を作る事ができませんでした。水と水素が完全に分離してしまうので、キャップを空けた瞬間に大量の水素が抜けてしまう物でした。
しかし、今発売されているマグネシウム反応方式は、きっちりとした水素水を作る事ができます。

デメリット

衛生面の不安
生成できる水素量が不安

 


</body>