【持ち歩きO.K】携帯型水素水生成器ボトル売れ筋ランキング高濃度特集

【持ち歩きO.K】携帯型水素水生成器ボトル売れ筋ランキング高濃度特集

持ち運びが出来る水素水生成器が人気

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

最近では水素水を持ち運ぶが普通になっています!

 

食事と一緒に水素水を取る人や運動後に摂る人もいます。

 

水素水を飲む機会は意外と多くて常備して飲むのがいいんです!


持ち運びが便利でいつでも水素水が飲める

「水素水を外でも飲みたい!」という人が多いです。
普段から水素水を飲みたいけど、水素水を持ち運ぶのにちょっと抵抗がある人や、水素が抜けてしまうのが心配で、外に水素を持ち歩く事ができない人は多いと思います。

 

でも、友達に水素水を飲んでいる事がバレないし、昼食や普段の水分補給でも水素水を飲む事は出来ます。

 

出来る限り水素が抜けないように飲む事が出来るようなりました。

 

水素水サーバーで作られた水素水でもいいのですが、問題はその水素水を入れる容器です。
普通の容器や水筒だとどんどん水素が抜けてしまい「ただの水」になってしまう恐れがあります。

 

そのため、外で飲ん持っているような容器と水素生成器が一緒になったもの商品を紹介しています。

水素水生成器ランキングBEST5

当サイトの水素水生成器ランキングは、「持ち運びが便利」・「水素水を作るのが簡単」・「長期的なコスト」という3つ点に重点を置いてランキング形式で紹介しています。

 

第1位の商品が1番水素水の効果が出る!という事ではありません。
いずれの商品も、しっかり水素濃度が高く、きちんと計測された数値です。

 

なので、水素が抜けているただの水ではありません。

 

普段から水素水を飲みたいという人の要望を応えるために、紹介しています。

 

 

 

水素水は、水素生成器を使って自宅で作る事もできます。最高濃度が7.0ppmの高濃度水素水です。しかも、水素発生剤をいれるだけなので簡単で持ち運びも簡単です。

 

▼セブンウォーター 公式サイトはこちら▼

コース 料金 送料 容量
初回コース 6,300円 送料無料 水素発生剤30包
定期コース 6,400円 送料無料 水素発生剤30包

※解約はいつでもする事が出来ます。

セブンウォーターは一月のコストが6,400円です。一本あたり241円。
水素水の定期購入になると、1万円以上もする場合が多いですが、半額に近い金額で始めらるのが良いです。

 

長期的なコスト面で見ると、水素水サーバーの方が安いですが、持ち運びという点では微妙な物もあるので、今回はセブンウォーターを総合的に見ても一番おすすめ出来ます。

セブンウォーターの総評

セブンウォーターは、ペットボトルのタイプです。
ペットボトルなので、持ち運びは非常に楽で、周りからも水素水なんて思われる事はありません。
ペットボトルは、水素が抜けやすいという事ですが、特殊なペットボトルを使っているため、水素が抜けにくいので安心が出来ます。

 

作るのも非常に簡単で、水素発生剤を入れるだけで水素水が完成します。
完成まで約10分。業界トップと言えるでしょう。7つの特許があるので、安心して購入出来ます。

▼BLUE ZONE ;公式サイトはこちら▼

 

コース 料金 送料 容量
お試しセット 1,296円 540円〜 5包(ボトル1本付き)
通常セット 7,776円 540円〜 30包(ボトル2本付き)
まとめ買いセット 37,324円 送料無料 30包(ボトル2本)×6

※定期コースはありません!

お試しセットが1500円以下とかなり始めやすくなっています。
しかも送料無料です。

 

まとめ買いセットの場合は、かなりお得に購入出来るのでおすすめです。
定期コースなくいつでも購入できるのが良いです。

BLUE ZONE の総評

BLUE ZONE は、水素濃度が7.9ppmと群を抜いて水素濃度が高い商品になっています。

 

テレビでも紹介されていますし、信頼できるメーカーでかなりの高評価をもらっている商品です。

 

また、定期コースではなくがいつでも購入出来るというのが良いです。

 

 

▼GAURAwalk 公式サイトはこちら▼

価格 送料 水素濃度 時間
34,800円 送料別途 1.03ppm 3分

※メーカーの1年保障があります。

水素水生成器ボトルが、34,800円。驚きの安さです。
水素サーバーメインの会社で、この価格はびっくりです。

 

公式から購入するとメーカー保証が1年付いてきます。

GAURAwalk(ガウラウォーク)の総評

水素生成器ボトルの中で、一番最安値のガウラウォーク。デザイン性も高く、カラーが豊富などで、選ぶモデルさん達が多くいます。

 

ただ、電気系水素生成器ボトルは壊れてしまう可能性が高いのでそこが心配です。

 

▼H. bottle 公式サイトはこちら▼

価格 送料 水素濃度 時間
59,400円 送料無料 1.53ppm 3分

※メーカーの1年保障があります。

水素水生成器であるので、やっぱり高額で、59,400円になります。
バンビと同様に、長期的に見ればそこまで高い値段ではありません。

 

メーカー保証が1年であるため、バンビの方が2年保障なので、当サイトではバンビの方がおすすめです。
値段もバンビの方が安いですからね。

 

1年の月単位で見ると5000円になります。

水素水生成器 H.bottleの総評

バンビよりも優れているのが、水素濃度です。
後は、デザイン性であったり、なんかこっちがいい!といったような判断で大丈夫です。

 

ただ、当サイトでは、値段も含めて、バンビの方がメーカー保証が2年もあるので長期的に安心して購入する事が出来ると思います。

 

▼POCKET IQ.7 公式サイトはこちら▼

 

価格 送料 水素濃度 時間
75,3848円 送料無料 水質によって異なる 3分〜

※今なら購入者全員にJCB商品券3,000円プレゼント期間中!(2019年2月8日現在)

POCKET IQ.7は、今までの水素ボトルを異なります。知識を持った水素生成器と言われていて、使用する水質によった最適な水素濃度まで発生させる事が出来ます。最短3分で最大で10分で高濃度水素水を作ってくれます。

 

インテリアにもなるぐらい、スタイリッシュなデザインに人気が出ています。お値段が少し高いのが気になるとこですね。

POCKET IQ.7の総評

水素ボトルで、優れた機能が付いたのは初めてです。
高濃度水素水を出しているようですが、具体的な数字は発表していないところが気になります。
持ち運びは、セブンウォーターなど同様に持ち歩きが出来て外出先でも手軽に飲めます。

水素生成器の仕組みとは?

水素水生成方法には、マグネシウム反応方式、電気分解があります。以前は、マグネシウムは良くないといわれてしましたが、そんな事はありません。しっかり、水素をきちんと作ってくれるので安心して飲む事が出来ます。電気分解は、電気分解する事で水素を発生させる方法で、水素サーバーに多いです。水素サーバーは非常に高いので手が出しづらいのが現状です。日割り計算するとすごい安いという説明もありますが、いきなり大金を払うわけですし、故障したら最悪です。だから、今回は自宅で出来る水素生成器を紹介します。まずは、マグネシウム反応方式を理解しましょう。
マグネシウム反応方式

 

 マグネシウム反応方式とは、マグネシウムと水の化学反応を利用したものです。水にマグネシウムを反応すると、水素と水酸化マグネシウムを作る。

2H2O + Mg = Mg(OH)2 + H2

という化学式です。こういった反応式があるから水素水が作れるわけです。
以前のマグネシウム反応方式だと、水温や環境に左右されやすくて上手く水素を作る事ができませんでした。水と水素が完全に分離してしまうので、キャップを空けた瞬間に大量の水素が抜けてしまう物でした。
しかし、今発売されているマグネシウム反応方式は、きっちりとした水素水を作る事ができます。

デメリット

衛生面の不安
生成できる水素量が不安

 


</body>