アルミパウチ型水素水は水素が抜けない!飲むときまで濃度を維持

アルミパウチ型水素水は水素が抜けない!飲むときまで濃度を維持

水素水はアルミパウチ型がおすすめ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

水素水は宇宙一小さい分子ですぐに抜けてしまいます。

 

水素が抜けないと評判なのがアルミパウチです。

 

水素水を購入するときはアルミパウチ型がおすすめなんです。


アルミパウチ型がお勧めの理由とは?

水素水を購入するときは、アルミパウチ型がおすすめです。
なんで、アルミパウチがいいのかというと水素が抜けにくいためです。

 

一般的に、缶やペットボトルの水素水は水素が抜けてしまうのでただの水になってしまう恐れがあります。

 

例えば、製造しているときの水素濃度は1.0ppmあるのに時間とともに水素が抜けてしまい自分が水素水を飲むときには水素が抜けきってしまい水素濃度が0.3ppmになっている可能性があります。

 

しかし、アルミパウチ型なら分子の目が細かいので水素が抜けにくくなっています。

 

また、水素水を販売するメーカーは独自の特許技術を使ってより水素が抜けないようにしています。

 

アルミパウチ型以外の商品だと表記されている水素濃度と中に含まれている水素濃度が違う可能性があるんです。
だから、アルミパウチ型をお勧めしているんです。

 

当サイトの一押し水素水はペットボトル

水素パンダマンの一押しの水素水は、セブンウォーターという商品です。
これは、アルミパウチ型ではなくペットボトル型の水素水です。

 

ペットボトル型の水素水は、水素が非常に抜けやすいので水素水を入れる容器に適していないと言われています。
確かに、その通りで水素がアルミパウチに比べて抜けやすいです。

 

しかし、1日で水素が全部抜けてしまう事はなく私が調べた結果だと3日ぐらいまでは水素濃度が保たれています。

 

このタイプは、自分で水素水を作る水素水生成器のタイプです。
明日飲む水素水を前日から準備して飲むようにしています。

 

常に新鮮な水素水が飲めるし水素濃度が最も高い状態で飲む事が出来ます。
作り方も簡単で、水素発生剤を入れるだけで出来ます。

 

さらに、最高水素濃度が7.0ppmなので水素パンダマンとしては、一押しの商品として紹介しています。

 

一般的には水素濃度が0.8ppm以上であるものをおすすめしているようです。

 


</body>