【本物が欲しい】高濃度水素水を購入するならどこがいいの?

【本物が欲しい】高濃度水素水を購入するならどこがいいの?

水素水は普通に購入できるようになった!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

スーパーやローsン、ファミリーマートなどのコンビにでも水素水を購入できるようになりました。

 

しかし、それだけに水素水と類似した商品もあり何が本当の水素水がよく分かりません。

 

水素水を購入するときは、より慎重になる必要がでてきたと思っています。


市販の水素水を購入するときは注意が必要

市販だけではありませんが、水素水を購入するときには注意が必要です。
それは、水素濃度が低い商品と水素水と類似した商品です。

 

市販で売られている水素水は、比較的水素濃度が低い商品が多いです。

 

水素濃度がしっかり記載されているメーカーもありますが、その濃度が0.8ppm以下が多いのでかなりお粗末な数値だと思います。

 

水素水であれば最低でも0.8ppm以上で出来るなら1.6ppm程度の水素水を飲みたいところです。

 

また、水素水と類似した商品には注意が必要で、アルカリイオン水やマイナスイオン水などです。
水素水を明記されている物を購入しましょう。

 

基本的には水素は時間とともに抜けていく

水素は宇宙一小さい分子なので非常に抜けやすいです。

 

アルミパウチなら水素は抜けないと言われていますが、わずかですが時間とともに抜けていきます。
市販の水素水は、製造してからどのくらい経っているか分かりません。

 

つまり、長く陳列されている商品はおそらくほとんど水素が抜けている状態である可能性が否定できず、水素濃度の表記と実際の水素含有量が違う可能性すらもあり得ます。

 

きちんとしたところならそれを踏まえて入れ替えをしっかりしている所もあると思います。

 

水素が抜けない容器を作るのって本当に難しく特許技術を使っているの数カ月もするとどうしても水素濃度が落ちてしまうので水素水を販売するのって凄く大変だと思います。

どんな水素水を飲むべきなのか?

 

水素パンダマンが水素水を選ぶときのポイントを紹介します。

 

あくまでも、ポイントなので購入のときの参考にしてください!


  • 水素濃度が1.6ppm以上で濃度が下がらない工夫がされている
  • 入荷したてもしくは、受注生産の新鮮な商品を選ぶ
  • 信頼出来るメーカーもしくは、ブランド力がある商品

 

水素水で一番重要なのが水素濃度でこれを無視して購入する事が出来ません。
最低ラインが0.8ppmではありますが、せっかく水素水を飲むなら出来る限り水素濃度が高い物で、1.6ppm以上を推奨しています。

 

また、入荷したてもしくは、ネットでの受注生産を基本としている水素水のメーカーで購入した方が良いです。

 

信愛出来るメーカーやブランド力がないとシステムがしっかりしていない可能性が高くなるので、古い商品を飲む可能性だって否定出来ません。

 

水素パンダマンとしては、水素水を購入するときの3つの条件がこれだと思います。

最後に水素パンダマンから

水素水ブームにのかって色々な水素水が販売されて中には偽物もあります。

 

だから、今一度消費者の方も水素水についての知識を得てから購入するべきです。

 

当サイトでは、購入するときの3つの条件を紹介しました。
購入するときの参考にしてください。


</body>