水素水には老化防止・アンチエイジングの効果って本当にあるの?

水素水には老化防止・アンチエイジングの効果って本当にあるの?

老化はどうしておきるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

水素水は美容にもいいと言われていて老化防止やアンチエイジングの期待が出来ると話題です。

 

その水素水がなんで美容に良いと言われているかを水素パンダマンが徹底的に解説していきます。

 

水素水にも偽物と本物があったりと選ぶのも大変です。
これから、もっと水素水は注目を浴びると思います。


肌が老化してしまう原因とは?


活性酸素が老化を加速させる

肌が老化してしまうのは活性酸素が原因です。活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2つがあります。そのうち酸化力が強い悪玉活性酸素が肌の老化を加速させます。

 

悪玉活性酸素は、酸化力が強いゆえに肌の細胞組織やコラーゲンなどの美容成分を破壊します。コラーゲンが破壊されてしまえば、肌の保水力を失ってしまうので肌がカサカサになってしまいます。

 

この悪玉活性酸素は、本来なら体が本来持っている抗酸化力で除去できるのですが、加齢とともにその量が減ってしまうので除去しきれない部分が出てきます。そのため、年齢と一緒に肌が老化してしまうのです。

 

肌を老化させないためには、悪玉活性酸素を除去する事がアンチエイジングケアのカギになります。

活性酸素が増える原因とは?

活性酸素は、紫外線を浴びたり強いストレスがかかると活性酸素が排出されます。しかし、これらよりも体の細胞にあるミトコンドリアから発生する活性酸素の量が多いです。

 

ミトコンドリアは、体内にある細胞の全てに存在しています。このミトコンドリアの役割は、食事から得た栄養と呼吸で得た酸素で燃やしてエネルギーを作って活動しています。

 

しかし、このエネルギーを作るときに一緒に活性酸素が排出されてしまいます。若いときは、善玉活性酸素の割合が多いので年齢とともに機能が落ちて悪玉活性酸素の量が増えてしまいます。

 

悪玉活性酸素の量が多くなっていくと除去しきれなくなってしまい体に残って肌にダメージを与えてしまい、悪循環となって肌がどんどん老化してしまうのです。

 

ミトコンドリアの質と量を改善する事がアンチエイジングでは大切な事です。

水素がアンチエイジングに期待できる理由

水素でアンチエイジング?悪玉活性酸素を除去する!

水素は優秀な抗酸化物質でリスクがない

肌の老化は、悪玉活性酸素が原因でしたよね。その悪玉活性酸素を除去するのが水素の働きです。ビタミンCも抗酸化作用を持っていますが、善玉活性酸素も除去してしまうのです。

 

善玉活性酸素は、体の免疫力を上げる働きがあるので体に必要な物質です。水素は、善玉活性酸素には反応せずに悪玉活性酸素を除去する事が出来ます。

 

効率的に悪玉活性酸素を除去できますし、過剰に摂取しても水となって体外に排出されます。飲み過ぎたから体調を壊すよう事もありませんのでとても安全なんです。

 

体では除去しきれなかった悪玉活性酸素を除去するのに水素はとても役に立ちます。

ミトコンドリアを元気にする水素

美容のためにも悪玉活性酸素の量を減らす事が大切で、ミトコンドリアを元気にする必要があります。そのときに役に立つのが水素です。

 

ミトコンドリアがエネルギーを作るときに、発生するのがATP(アデノシン三リン酸)で、水素水を飲む事でその割合が30%増加するが確認されています。

 

ATPは、エネルギーを作るときにかなり重要な成分でその割合が30%も増えるとなると効率的にエネルギーを作れているのでミトコンドリアの質が改善されていると考えられています。

 

すると、ミトコンドリアに無理をさせないので休ませる事が出来るのでミトコンドリアの質をよくする事が出来ます。

シミやくすみなどを消す事が出来るの?

よく質問をされるのですが、「水素水を飲む事でシミやくすみは消えますか?」という質問です。水素水を飲むだけでは消蹴る可能性は極めて低いと思います。

 

水素水を飲む美容目的で飲む理由は、「これからもっと肌がどんどん老化する可能性を低くするため」に飲むのが目的です。だから、今よりももっど肌が酷くならないために飲む物です。シミやくすみ、シワが消えるわけではありません。

 

肌への悪玉活性酸素を攻撃をなくす事が出来るので、コラーゲンの生成がうまくいって肌が綺麗になる可能性はありますが、シミやくすみが消えるといった事までは期待はできないです。

 

あくまでも、これから肌がもっとひどくならないために飲むのが水素水です。

水素水を飲むときの注意点

水素水は水素濃度が重要!最低でも0.8ppm以上必要!

水素濃度が高い物を飲む

最近では、市販でも水素水を見られるようになり手軽に飲む事ができるようになりました。

 

しかし、水素水を飲む上で重要なのが「水素濃度が0.8ppm以上」で「水素が抜けにくい容器」の2つです。水素の働きを得るためには0.8ppm以上が必要と言われていますが、より効果を感じるためには、水素濃度が高い物がお勧めです。

 

当サイトでは、2倍の1.6ppm以上を推奨しています。

 

また、水素が抜けにくい容器も重要で、缶などは非常に抜けやすいのでアルミパウチ型がお勧めです。
メーカー側はより抜けないために色々と技術を持っています。

水素は飲むタイミングが重要

水素水を飲むのは、既にシミやくすみが出来ているのを消すのではなくこれからシミやくすみができたりするのを予防したり、老化防止のために飲むからアンチエイジングに効果があると言われているわけです。

 

そこで、水素水を飲むタイミングが非常に重要です。
水素は、悪玉活性酸素を除去するのが働きなので、悪玉活性酸素が大量に発生したときに飲むのがベストなタイミングです。

 

悪玉活性酸素が大量に出るのは、運動後やストレスを溜めていたり、紫外線を浴びたときに出ます。
人によって取るタイミングが変わってきます。

 

どれにも当てはまらない人は、眠る前に水素水を飲むのがお勧めです。
副交感神経が優位になって睡眠に入りやすくなります。

 

自分の生活に合わせて水素水を飲むのがお勧めです。

 

水素パンダマンが水素水を紹介!

水素水は、非常に多くの商品があります。水素パンダマンが高濃度で水素が抜けない容器を使っているメーカーを紹介!

 

もちろん、充填時の水素濃度が1.6ppm以上物しか紹介していません。購入のときに参考にしてもらえればありがたいです。

 

お試しセットもあるので気軽に試してみればと思います。


</body>