混同しがちな水素水と電解水は別物で効果も違う

混同しがちな水素水と電解水は別物で効果も違う

水素水と電解水は別物

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

水素水と勘違いさせるような商品が非常に多いです。

 

別に何か悪気があるわけではないのでしょうか、自分が購入した物が水素水ではない事もあります。

 

しっかり水素と明記された物を購入しましょう。


水素水と表記された物を購入しましょう!

最近、水素水に似たような名前の商品が本当に多いです。
それを水素水と勘違いしてしまい購入してしまっている人がいます。

 

例えば、水素水ではなく、水素イオン水、電解水という商品もあって水素水をイメージさせてしまいますが、違うので注意してください。

 

私は、詳しくは知りませんが水素イオン水と電解水の違いはちょっと分かりません。

 

ただ、水素水と表記されても水素濃度が0.8ppm以下の商品は一般敵には評価が低いです。

 

当サイトでも水素濃度が1.6ppm以上の物を推奨しています。

 

電解水ってなに?

水を電気分解すると、水素分子と酸素分子に分かれます。
水から一つだけ水素原子がなくなった状態のをアルカリといいます。

 

水素水は、水素分子が水に混ざっている状態ですけど、アルカリ電解水の場合は、水素分子以外にも電気分解のときに使った電極の金属が多く溶けていることがあります。

 

電解水にも水素が入っているからいいじゃないかなと思うかもしれませんが、そうではありません。
電解水で売っている以上は、水素が入っていようと入っていなくてもいいわけです。

 

つまり、水素が抜けていでも関係ないという事です。
水素が抜けても水が電解されているので健康にいいと言われていますが、科学的に証明されているかは知りません。

 

専門家の中でもそういった健康にいいという論文があったというのを見たことがある人がいません。
結論としては、電解水は水素水ではないので注意が必要です。

 

水素濃度が1.6ppm以上を推奨しています!

水素水が流行り始めたせいで、色々な詐欺まがいの商品が増えています。

 

水素水を市販で売るのは勝手ですが、長い間置いたままだと水素が抜けてただの水になってしまいます。
市販で購入するときは、そこを注意しないといけません。

 

調べでは、購入してから水素濃度を調べても水素がなかったという例は普通にあります。
それは、ネットで購入しても同じです。

 

だから、受注生産で水素濃度の検査をされて表記されている物でなければ意味がありません。

 

最近では、かなり健全化されたのか市販の物でも水素濃度が高い物が増えてきました!

 


</body>