酸化還元電位は水素の量と関係ない

酸化還元電位は水素の量と関係ない

酸化還元電位とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

水素水を購入するときは、水素濃度を見てください。

 

たまに、酸化還元電位が表示されている場合がありますが、水素濃度と関係はあるのですが、水素濃度を知るために正確な値ではありません。

 

水素濃度が表記を大切にしましょう。


酸化還元電位とは?

酸化還元電位というのを聞いた事がありますか?
よく水素水に酸化還元電位が-600V〜なんてかいてあります。酸化還元電位というのは、「水の酸化状態」を表すものです。

 

簡単にいうと水の中にどれだけ酸素が入っているという話です。

 

例えば、酸素は酸化力が強いので、酸素が多い水は、酸化還元電位がプラスになります。

 

水素は、抗酸化物質で酸化の逆であるから還元作用が強いわけです。
水素が入っていとマイナスの値になります。

 

言い方を変えると、水の中に酸素が少なくなればすくなるほど数値が下がるわけですね。
水素水は、酸化還元電位はマイナスになります。

 

水素濃度には関係ない

酸素以外の気体を溶かして酸素を追い出したり、水をアルカリ性にしても同じような数値が出てしまうので、酸化還元電位が水素濃度を表すことににはなりません。

 

あくまでも一つの指標としてみるべきですし、今の水素水の商品は、水素濃度が必ずといっていいほど書かれています。

 

だから、水素濃度が書かれていないで酸化還元電位だけかかれているのは、おかしいです。

 

水素水の購入は慎重に!

水素水は水素水です、他の名称はありません。

 

マイナス水素イオン、活性水素水など色々な言葉を使って販売されていますが、そんな言葉はありませんしとてもあやしいです。

 

だから、水素水を購入するときには、注意しましょう。

 


</body>