水素水がミトコンドリアを増やしてエネルギーが作りやすくなる

水素水がミトコンドリアを増やしてエネルギーが作りやすくなる

ミトコンドリアの数は減っている

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

疲れやすかったり、身体のだるさは、ミトコンドリアの量が少ないのが原因かもしれません。

 

水素を摂取する事でミトコンドリアを改善するサポートになります。


加齢によってミトコンドリアは減っていく

産まれてから特に何もしていなければあなたのミトコンドリアの数は減っているでしょう。

 

ミトコンドリアの数が減るとどんどん老化を加速させていきます。
数が減ったりミトコンドリアの質が悪くなってしまうのは体によくありません。

 

ミトコンドリアが減ってしまう理由は、加齢や体調にも関係はありますが、悪玉活性酸素が原因です。
この悪玉活性酸素を減らさない事には何も解決しません。

 

そもそも、ミトコンドリアがどんな働きをしているか知っていますか?
ミトコンドリアは、エネルギーの生産をしています。

 

呼吸によって得た酸素と食事から得た栄養を細胞に送って酸素で栄養を燃やす事で活動するためのエネルギーを作っています。

 

そのエネルギーを作るときに活性酸素が出ています。
活性酸素の90%が内側から発生しています。

 

その中に善玉活性酸素と悪玉活性酸素があります。
善玉は、ウィルスや細菌をやっつけたり、血管を作ったり、拡張したりと役に立ちます。

 

でも、活性酸素の量が増えたり、ミトコンドリアに負担がかかると酸化力がアップして悪玉活性酸素に変身して細胞や遺伝子に攻撃をして傷とつけてしまいます。

 

ミトコンドリアの数が少なかったり質が悪いと、ひとつひとつのミトコンドリアに負担がかり悪玉活性酸素を多く排出します。
すると、ミトコンドリアの数がもっと減ったり質が悪くな繰り返しになってしまいます。

 

そこで、水素が注目を浴びているわけです。
水素は体に良い善玉には反応せずに悪玉のみを除去できるのでミトコンドリアに負担をかえないで済みます。

ミトコンドリアを増やすと何がいいのか?

ミトコンドリアを増やす事はで、体のエネルギーを作るのが効率的になります。
すると、負担が減るので活性酸素の量も減ります。

 

また、それだけ体に負担がかからない事にもなるので疲れが溜りにくくなります。
すると、疲労物質も溜りません。

 

体から悪玉活性酸素を取り除く事が負のスパイラルから脱却する事が大切です。

 

善玉には反応せずに悪玉だけを除去できるのは水素だけだから、、注目が集まっているわけです。
これからも水素の効果に注目が外せません。

 

ミトコンドリアの数と質をよくするには?

暴飲暴食や睡眠不足、急な運動などで体に負担をかけると活性酸素を急に増やすので質も量も悪くしてしまうので今すぐやめましょう。

 

質をよくしたり数を増やすには?
  • 寒さを感じるようにする
  • 空腹を感じる
  • 姿勢をしっかりと保つ
  • 持久系の筋肉を鍛える
  • マッサージなどで身体を刺激してみる

 

こういう事を意識するだけで変わります。
必ず、水素を飲まないとミトコンドリアが良くならないわけではありません。

 

あくまでも、改善方法の一つなので試してみるぐらいな気持ちで大丈夫です。

 

 


</body>