身体を冷やしたくない人の水素水白湯の作り方を紹介

身体を冷やしたくない人の水素水白湯の作り方を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

冷えた水を飲むと身体が冷えるなら水素白湯を作ってみるのもありです。

 

ただ、注意して作らないと水素が全部抜けてしまうので注意が必要です。


普通に作ると白湯になる

水素水は、水に本当に溶けているわけではありません。
パッケージからだした瞬間から水素は眼に見えないですが少しづつ抜けていきます。

 

また、熱を加える事で水素の抜けがどんどん加速していきます。
普段の白湯の作り方では、水素白湯を作る事は出来ません。

 

冷たい水飲むとどうしても身体が冷える人に水素白湯はおすすめです。

 

その作り方は、簡単でパッケージから出さない事が大切です。
パッケージに閉じ込めてしまえば問題はないからです。

 

では、作り方を見てみましょう。

 

水素白湯の作り方

中から水素が抜けてしまうのでパアルミパウチから出さないで温めましょう。

 

湯煎なら78度まで加熱しても大丈夫でした。
それ以上になると、極端に水素濃度が薄くなるのでこれが個人的には限界だと思います。

 

だから、水素白湯をしたいならアルミパウチの水素水がいいと思いますよ。

 


</body>